設備紹介

院内紹介


  • 待合室

  • 診察室

  • 処置室

  • トイレ

  • 駐車場

  • 駐輪場

リハビリテーションルーム

当クリニックのリハビリテーションルームは、痛みやケガに対しての運動療法をメインに、
症状の早期回復・早期復帰を目的とするスペースです。

設備・機械紹介

検査・治療機器


  • レントゲン

    ケガをされた箇所の骨に、骨折などの異常がないかを確認するためにレントゲン検査を行います。
    医師の判断により、レントゲン検査の必要がない場合は検査の案内はございません。


  • 超音波診断装置(エコー検査)

    レントゲン検査のみでは判断できない、軟骨、筋肉、腱、靭帯などの病状をより詳しく診断し治療を行います。痛みが強い場合には、エコー機器を使用してハイドロリリース(筋膜リリース)や関節注射、神経ブロックを行うことも可能です。


  • 骨密度検査(DEXA)

    ご年齢や性別などにより骨粗しょう症の可能性がある場合に、骨密度の検査を行うことが可能です。


  • 血液検査

    ばい菌感染の可能性がある場合など、診断をより確実にするために血液検査を行います。その他の疾患でも、医師が血液検査を必要と判断した場合に行うことがあります。


  • 超音波骨折治療器 〈アクセラス2〉

    骨折部に対し治療器を当てることで、骨が癒合するまでの日数を短縮することができます。痛みや違和感を感じることはありません。骨折が早期に治癒することで、日常生活への復帰、スポーツの再開なども早期に実現できます。

リハビリ機器


  • Realine core(リアライン・コア)

    骨盤・胸郭の歪みは、背骨全体、肩、首、股関節にまで影響を及ぼします。
    リアライン・コアは、着用した状態で足踏み・歩行・スクワットなどの簡単な運動を行うだけで、骨盤や胸郭を左右対称に整えるトレーニング器具です。


  • マイクロ波治療器

    マイクロ波とは、電波を利用した治療法です。超短波によって体の奥深くから心地よい温感が伝わってきます。
    超短波の立体加温による温めは、血液循環の改善に効果があり、痛み(神経痛・筋肉痛)が緩解します。


  • 超音波治療器

    超音波による温熱効果として、組織の柔軟性改善、疼痛改善、血流改善が挙げられます。非温熱効果としては、炎症の治癒促進、浮腫軽減といった目的があります。


  • 治療ベッド

    あらゆる症状に対して、セラピストがリハビリを行うベッドです。
    セラピストの治療は予約優先制ですので、ご利用の前にご予約をお願いします。


  • 運動療法器具

    体力の向上やパフォーマンスの向上のために、ウエイトマシンやトレーニング器具を設置しております。
    医師の指示に従い、その方に必要なメニューを提案いたします。


  • 椎体けん引装置

    椅子に座った状態で、頸椎または腰椎やさしく牽引する治療器具です。患者様に体型に合わせて最適な角度と強さを設定し、首や肩、腰の痛みやしびれ等の緩和や、椎間板ヘルニアなどの治療を行います。