診療内容

整形外科

整形外科とは、運動器官を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、その病態の解明と治療法の開発および診療を行う専門領域です。
その対象は脊椎(脊柱)・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)など広範囲に及びます。新生児、小児、学童から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、日常の痛みからスポーツ活動によるスポーツ障害まで診療が可能です。
当クリニックでは、超音波診断装置(エコー)を使いレントゲンのみでは見ることのできない軟骨、筋、靭帯、神経などを評価し確実な診断につなげることが可能です。

骨折や打撲・捻挫などの外傷
上肢、下肢や体幹部の骨折・打撲・捻挫などの外傷
関節の病気
股関節・膝関節・足関節・肩関節・肘関節・手関節などの加齢性の関節症や外傷など
脊椎脊髄の病気
頸椎・胸椎や腰椎部の痛み・変形、下肢のしびれや麻痺、骨粗鬆症、脊椎の外傷など
上肢の病気
肩部・肘部や手指の痛み・変形・運動障害・しびれや外傷など
下肢の病気
股関節部から足先までの痛み・変形・運動障害・しびれや外傷など

超音波診断装置(エコー検査)

レントゲン検査のみでは判断できない、軟骨、筋肉、腱、靭帯などの病状をより詳しく診断し治療を行います。痛みが強い場合には、エコー機器を使用してハイドロリリース(筋膜リリース)や関節注射、神経ブロックを行うことも可能です。

ハイドロリリース

ハイドロリリースとは、生理食塩水のような「水(ハイドロ)」を痛みの原因部位に注射し、組織同士の癒着を剥がす(リリース)のです。基本的に食塩水を使いますので(局所麻酔薬を少量併用することはあります)副作用の心配が少なく、妊婦や授乳婦の方にも安心して受けていただけます。

交通事故による外傷について

事故の直後は、これといった症状がなくても損傷を受けている場合が多々あります。
よくある「むち打ち症」の場合では、数日経過した後に徐々に痛み出すことがあり、慢性化する恐れもあります。交通事故にあった際は、一度検査を受けることをおすすめいたします。
各社自賠責保険にも対応した、交通事故に伴う様々な痛みや体の不調などの検査・治療も行っております。まずは、お気軽にご相談ください。