スポーツをキーワードにした整形外科専門医として、結果にこだわった治療を行います。

当クリニックはこの運動器の病気やスポーツによる障害や外傷を治療する整形外科クリニックです。
当クリニックでは、レントゲン撮影だけでなく超音波診断装置(エコー)を用いて、骨だけでなく軟骨、筋肉、腱、靱帯などの病状をより詳しく診断し治療します。痛みが強い場合には、エコーを使用してハイドロリリース(筋膜リリース)や関節注射、神経ブロックなども行ないます。
再発しないように、運動器リハビリを行いながら予防することも大切です。なるべく機能を維持しながら、一緒に早い復帰を目指していきます。

診療内容

小中高生、スポーツ選手の捻挫、肉離れ、疲労骨折等のスポーツによる外傷や障害などから、早期復帰をめざしたリハビリテーションを受けることができます。またスポーツ休止中に体幹筋力強化、筋肉の柔軟性獲得をめざし、より良い状態での復帰をサポートします。また他院で手術を受けた患者さんでも、紹介によりリハビリテーションを継続することができます。

エコー(超音波診断装置)を
用いた診療のご案内

当クリニックでは、整形外科領域において導入数の少ないエコー(超音波診断装置)を用いた診療を行っています。骨に異常がないから大丈夫というのは過去の話。痛みの原因は骨以外にもあり、レントゲンに写らない血流や筋肉、腱、神経などの微細な損傷を正確に特定することで、再発防止につながる治療を行っていきます。

詳しく見る