診療内容

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科では、スポーツ活動や肉体労働に伴って発生した各種障害を対象とします。障害としてはオーバーユース(使い過ぎ)により生じたスポーツ障害、身体の痛みを指します。
また、ラグビーなどの激しいコンタクトスポーツでは脱臼したりひねったりと外傷によるケガも「スポーツ整形外科」での治療対象です。
手術が必要になることはほとんどありませんが、治療に難渋する症例や医師が手術を必要と判断した場合には、連携病院への紹介をさせていただくことがあります。
問題部位の筋力強化、周囲の関節の柔軟性獲得、などさまざまな運動療法を理学療法士や運動器セラピストと日々相談しながらオーダーメイドでご案内いたします。

スポーツ障害・予防について

当クリニックでは、3名のリハビリスタッフが常駐しております。スポーツ外傷・障害に対して、筋力強化、ストレッチ、運動動作指導など治療および障害の再発予防に対して適切な指導を行います。
外傷・障害の部位、また治療にあたっては、ケガからの早期復帰および今後の予防に重点を置き、重症度、年齢、性別、種目、ポジションに考慮したプログラムを作成し、指導を行います。スポーツや部活動で気になることがある場合は、早めにご相談ください。

膝・下腿
●半月板損傷 ●前十字靱帯損傷 ●後十字靭帯損傷 ●内側側副靭帯損傷 ●離断性骨軟骨炎
●反復性膝蓋骨脱臼(膝蓋骨不安定症) ●棚障害 ●関節遊離体 ●ジャンパー膝 ●オスグット病 ●腸脛靭帯炎
●裂離骨折 ●変形性膝関節症(初期~中期・TKA術後)  ●シンスプリント
●投球障害肩 ●肩関節脱臼 ●腱板断裂 ●五十肩 ●肩鎖関節脱臼 ●肩関節不安定症 ●SLAP損傷
●インピンジメント症候群 ●胸部出口症候群
●野球肘(離断性骨軟骨炎、内側側副靭帯損傷、関節内遊離体、関節ネズミ)
●変形性肘関節症(投球系・格闘技系)肘部管症候群  ●肘関節脱臼 ●内側側副靭帯断裂 ●後外側回旋不安定症
足・足関節
●足関節捻挫 ●足関節靱帯損傷 ●腓骨筋腱脱臼 ●アキレス腱断裂 ●有痛性三角骨 ●距骨離断性骨軟骨炎
●第五中足骨疲労骨折(Jones骨折)  ●偏平足 ●足底腱膜炎
股関節
●関節唇損傷 ●グローイングペイン症候群(スポーツヘルニア) ●変形性股関節症 ●関節内遊離体 ●坐骨疲労骨折
●下前腸骨棘裂離骨折
●腰椎分離症 ●腰椎椎間板ヘルニア ●椎間板変性症 ●筋膜性腰痛症 ●画像に異常のない腰痛
手・指
●TFCC(三角線維軟骨)損傷 ●ボクサー骨折 ●スキーヤーズ親指 ●舟状骨骨折 ●有鉤骨骨折 ●月状骨周囲脱臼
●ばね指
下腿
●シンスプリント ●疲労骨折

Realine core(リアライン・コア)

当クリニックが採用しているRealine core(リアライン・コア)とは、関節疾病の予防を社会に浸透させることを目指して、「リアライン・コンセプト」の普及に取り組んでいます。
リアラインとは、re-(再び)+align(配列する)、歪んだり本来の動きを失ったりした関節を理想的な状態に整えるということを意味します。
これは、オリンピック選手やプロスポーツ選手といったトップアスリートの痛み・悩みに向き合う中で生み出された、実践と研究に基づく理論です。
骨盤・胸郭の歪みは、背骨全体、肩、首、股関節にまで影響を及ぼします。
リアライン・コアは、着用した状態で足踏み・歩行・スクワットなどの簡単な運動を行うだけで、骨盤や胸郭を左右対称に整えるトレーニング器具です。